スサノオのオロチ退治

高天原を追放されたスサノオ

地上へ落とされる途中、オオゲツヒメのもとに神々に供えるための食物を求めに行きます。

(オオゲツヒメは、イザナキとイザナミがまだ仲良く神を生んでいた時に生まれた生産の神様)

 

オオゲツヒメは、なんと…

 

口や鼻やお尻から出したものを料理して、差し出したのです!!

その様子を見たスサノオ

オオゲツヒメがわざと食べ物を穢しているのだと憤慨!!!

オオゲツヒメを殺してしまいました。

 

すると、オオゲツヒメの亡骸から次々と、『種』が生まれてきたのです。

頭からは『蚕』、目から『稲』、耳から『粟』、鼻から『小豆』、陰部から『麦』、尻から『大豆』が生まれました。

この『種』が地上にもたらされ、『五穀』の起源になります。(蚕は穀物じゃないけど)

排泄物で料理を作った神様が亡くなり、五穀が生まれたというのは、物質の循環を意味していると言われます。

 

 

そしてスサノオ、ついに地上に舞い降ります。

降りた場所は出雲の国(現在の島根県)の斐伊川上流です。

ふと川を見ると、川の上流から『箸』が流れてきました。

 

「箸が流れてくるってことは、誰か住んでるな?お腹すいたし、行ってみよー。」

 

川上の家にたどり着くと、そこには老夫婦と若い娘が泣いています。

このおじいさん、実は国つ神(地上の神様)であるオオヤマツミの子。
(オオヤマツミはこれまたイザナキ、イザナミが仲良く生んだ神様のうちの一柱で、山の神様です。)

 

娘の名は、クシナダヒメ(櫛名田比売)

なぜ泣いているかと尋ねると、おじいさんは、

 

「実は私には八人の娘がいたのです。
でも毎年ヤマタノオロチというバケモノがやってきて、一人ずつ食べていってしまいました。
このクシナダが最後の一人。そろそろヤマタノオロチがやってくる時期なのです。」

と答えました。

 

ヤマタノオロチは、『目は赤カガチ(ほおずき)のように赤く、頭は八つ、尾も八つ。八つの谷、八つの峰に渡るほどに大きく、しかも血だらけ。』

なんとも恐ろしい…(↓画力w)

スサノオ「ねえ、クシナダヒメ、俺にちょうだい。」

おじいさん「ありがたいお言葉ですけど、あなた様がどなたかも知らないので…」

スサノオ「おお、実は俺様、めっちゃ偉い神。姉ちゃん、アマテラス。今、高天原からきたんだよ。(正確には追放だけどw)」

おじいさん「まじですか?!娘、差し上げます!」

 

突っ込みどころ満載ですが、クシナダヒメをヤマタノオロチから守ることにしたスサノオ。

ヤマタノオロチ退治はこんな感じです。

1)クシナダヒメを守るため、櫛に変身させて、髪に挿した。

2)おじいさんとおばあさんに『八回醸造した強い酒を作って。』

3)おじいさんとおばあさんに『屋敷に垣根を巡らせて、そこに八つの門を作って。』

4)おじいさんとおばあさんに『その門に台を置いて、大きな酒船(酒器)を置いて酒入れて。』

 

ほとんどの準備をおじいさんとおばあさんにさせてんじゃん。

 

5)ヤマタノオロチがやってきて、八つの頭をそれぞれの酒船に突っ込んで、がぶがぶと強い酒を飲み始める

6)ヤマタノオロチ酔っぱらって、寝る。

7)ここでやっとスサノオ登場。腰に下げていた十拳剣(とつかのつるぎ)を抜き、寝ている蛇を成敗

8)ヤマタノオロチのしっぽから神々しい剣が出てきた。

9)アマテラスにこの剣を献上。これが三種の神器の最後の一つ『草薙剣(くさなぎのつるぎ)』

 

 

無事にヤマタノオロチを退治したスサノオは、クシナダヒメと暮らす宮殿を作る場所を探します。

今の島根県雲南市あたりにとても『清々しい』土地をみつけたので、その地に宮殿を作り暮らすことにしました。

その土地の名には今でも『すがすがしい』の『すが(須賀)』が残っています。(駄洒落か)

 

スサノオが宮を建てると、その地からもくもくと雲が立ちのぼりなんとも美しい光景。

ロマンチストスサノオ、ここで歌を詠みます。

 

八雲立つ 八雲八重垣 妻籠みに 八重垣作る その八重垣を

八重の雲がわき起こる出雲に、八重の垣根を、妻を籠らせるために、八重の垣根を作る。その八重の垣根よ。

 

実はこれ、日本で最初の三十一文字(みそひともじ)です。

 

そして二人は島根県松江市の八重垣神社で結婚し、幸せに暮らしましたとさ。

 

おまけ

出雲のお土産物屋さんでみつけた絵本が、あまりに素敵でした。

古事記の『ひどくね?!』というエピソードばかり集めた『古事記ひどいシリーズ』

秀逸です。(当然スサノオの話だらけw)

http://kojikihidoi.com/pg129.html