イザナキ、禊ですごい神を生む

激しい夫婦喧嘩の末、黄泉の国から戻ってきたイザナキ。

「私はなんとも嫌な、穢らわしい国に行ってしまったもんだ。身を清めよう。」

ということで、やってきたのは

『笠紫(つくし)の日向(ひむか)の橘(たちばな)の小門(おど)の阿波岐原(あわぎはら)』

 

その所在地については色々とありますが、私の故郷である宮崎県だと思ってます。

古代において『筑紫=九州』ですし、かつて宮崎県は『日向の国』ですし、市内各所に『橘』や『おど(小戸)』『阿波岐原』という名前が残っています。

禊のくだりのみならず、天岩戸も天孫降臨も、海幸・山幸の物語も、神武東征のお船出も、全部宮崎。

宮崎はまさしく『神話の国』なんです!

 

 

郷土愛は置いといても、てっげいいとこやじー(とってもいいところですよ)。

県のHPも秀逸なので、是非ご覧ください。

http://www.kanko-miyazaki.jp/shinwanofurusato/index.html

 

 

さて話を神話に戻します。

穢れを祓うときに行ったのが『禊(みそぎ)』

一般的には、水を使ってきれいにすることですが、この話がおおもと。

神社に詣でた際にまず最初に『手水舎』で手や口を清めるのも、この『禊』の簡略版だと言われています。

 

阿波岐原についたイザナキはまず、着ていた物を次々に外します。

そのときに十二柱の神様が生まれます。

他にも、垢から禍の神が二柱。

その禍を直そうとする神が三柱。

水の底・中ほど・水面で身を濯いだときに六柱。

 

そして最後に、顔をすすいだとき…

 

日本神話において最も貴いとされる三柱の神様が誕生します。

左目からは、大陽の神であるアマテラス(天照大御神)

右目からは、月の神ツクヨミ(月読命)

鼻からは、嵐の神で荒ぶる神スサノオ(建速須佐之男命)

 

イザナキは「三柱の貴い子を得た」と喜び、

アマテラスには高天原

ツクヨミには夜の国

スサノオには海原を、

それぞれ『知らす(治める)』よう命じました。

 

ところがどっこい。

海原を知らせと言われたはずのスサノオは、国を治めるどころか泣き喚いてばかり。

そのせいで、海は枯れるし、激しい嵐が巻き起こるし、散々なありさまに。

 

父であるイザナキが心配して尋ねると、なんとスサノオ。

「母が恋しいよー!!!!会いたいよーーー!!」

なんと、母であるイザナミのいる根の国に行きたくて泣いていたのです。

 

それを聞いたイザナキは激怒。

「ならこの国から出て行けー!!!!」

と、なりましたとさ。

 

この荒ぶる神スサノオの放蕩劇はここから始まります。

ほんと、荒くれ者ですんで。

 

では続きはまた次回。