イザナキ・イザナミ、国を生む

天地初発の時、マイナー(失礼)な神様が、

だだだだーっと成っては隠れたわけですが…

そんな神代七代の最後についに登場。

イザナキイザナミ

いろいろな漢字があったり、イザナ『キ』だったりイザナ『ギ』だったりしますが、その辺の細かいことは、気になったら調べてください(笑)

ちなみに、イザナ『キ』が男性。イザナ『ミ』が女性です。

『キ』と『ミ』で『君』。君が代の『君』は『男女』を意味するとかしないとか。

 

このころ日本は、まだなんとなく天地が別れただけでした。

大地はまだ若く、ぷかぷかと漂うクラゲのよう。

高天原(たかまのはら=天上の世界)にいらっしゃる天つ神(あまつかみ)たちは、イザナキとイザナミに命じます。

 

「このぷかぷか漂ってる国を固めてね」

 

イザナキ、イザナミの二人は、高天原の天の浮き橋(あめのうきはし)というところから、海に向かって『天沼矛(あめのぬぼこ)』をおろし、海水を「こおろこおろ」とかき混ぜます。

矛を引き上げた時に、その先から海水が滴り落ちて、塩が固まって島となりました。

二人はその最初にできた島(オノゴロ島)に降り立ち、大きな柱(天御柱)を建て、大きな神殿(八尋殿)をお建てになりました。

 

次々島を生み出す日々。

そんな中、イザナキがふと気づきます。

 

自分の下半身に何か不思議なものがぶら下がっているなぁ…

 

不思議に思ったイザナキは、イザナミに

「あなたの体はどうなってます?」と尋ねます。

 

イザナミは答えます。

「体はすでに出来上がってるのですが、一箇所だけ何か足りずにくぼんでいるところがあります。」

イザナキは言います。

「私の体も出来上がってるのだけど、一箇所だけ何かが余ってでっぱっているところがあります。じゃ、私のでっぱっているところを、あなたのくぼんでいるところに挿し入れて、塞いで、国を生んでみるというのはどうだろう??」

イザナミも同意し、二人は天御柱(最初に作った大きな柱)の周りを回って出会い、『美斗能麻具波比(みとのまぐわい)』をなし、国を生むことにしました。

お気づきかもしれませんが、『まぐわい=夫婦の交わり』のことです。

 

大きな柱(天御柱)の周りを、イザナキは左から、イザナミは右からぐるりと周り、出会ったところで声をかけます。(寸劇?!)

イザナミ「なんていい男なんでしょう!」

イザナキ「なんていい女なんだろう!」(やっぱ寸劇)

 

そして二人はまぐわいましたが、生まれてきたのは手足のない水蛙子(ひるこ)でした。

悲しんだ二人はその子を足の船で海へと流しました。

しかし次に生まれたのも泡のような子。

困った二人は、天つ神たちのもとへ相談に行きます。

 

するとどうやら、女神が先に声をかけたのがよくないらしい。

 

早速二人はオノゴロ島へ戻り、また天御柱を回って出会い、今度はイザナキから声をかけてみました。

イザナキ「なんていい女なんだろう!」

イザナミ「なんていい男なんでしょう!」

そして再び交わると、次々に立派な島が生まれました。

 

ちなみにこの国産みで生まれたのは大八島という八つの島と、6つの小さな島々でした。

これで無事日本の国土が完成します。

 

次は神々を産むお話。

これまたファンキーな物語がございますが、また次回。