かぼちゃの前に団子だぞ。

街がハロウィン一色になってくるのに嫌悪感しかない。
年々準備早くなってない??
ハロウィンもイースターも、私としてはわけわからんのよ。
店頭に並ぶかぼちゃやお化けに悶々とするこの時期は、書かずにいれない、月見の話。
日本人のみなさーん!!
ハロウィンの前に、月見ありますぞー!!!

お月見

中秋の名月、いわゆる「十五夜」。

いよいよ今週金曜です!!

満月の一日前の大きな月で、だいたい夕方から登りまじめます。

「中秋」とは「秋のちょうど真ん中」という意味で、旧暦八月十五日の名月を「中秋の名月」と呼びます。

「仲秋」とう漢字で書かれることもありますが、これは秋(旧暦七~九月)の真ん中「旧暦八月」という意味になります。

【お月見はいつから?】

お月見の風習は9世紀に中国大陸から伝わってきました。

貴族の間に広まり、月を直接見るだけではなく、水面に映った月を愛でたり、詩歌を読んだりと、なんとも雅な楽しみ方をしてきたそうです。

広く庶民も楽しむようになったのは江戸時代以降。

収穫祭や初穂祭の意味合いが大きく、豊かな実りの象徴として十五夜を眺め、お供え物をして感謝や祈りを捧げるようになりました。

【別の名は芋名月】

この時期は里芋の収穫期と重なるということもあり、感謝の気持ちを込め芋をお供えします。

里芋は、稲作より古く縄文時代から食べられていたそうです!

豊作に感謝する芋煮会も、各地で執り行われます。

【お供え物】

月見の室礼として、お団子やすすき、秋の七草、里芋などの野菜を、月にお供えします。

お月様から見て左手には、ススキや秋の七草などの自然のものをお供えします。

ススキを飾る理由は諸説あります。

[稲の代わり]

稲の収穫期から少しずれてしまうため、同じイネ科で形も似たススキを用いた。

[神様の依代]

ススキは茎が中空(内部が空洞)のため、神様の依りつく場になると信じられていた。

[魔除け]

すすきの鋭い切り口は、魔除けになるとも考えられており、悪霊や災いなどから収穫物を守り、豊作を願う意味が込められていた。

地域によってはお月見に飾ったすすきを、庭や水田に立てたり、軒先に吊ったりして、災いから田や家を守る風習が今でも残っています。

春の七草と違い、鑑賞する花なのが特徴です。

とは言え古来は薬効から重宝された花々。

万葉集で山上憶良が詠んだ歌からきているそうです。

覚え方は「お好きな服は?」。

お…おみなえし

す…すすき(尾花)

き…桔梗

な…なでしこ

ふ…ふじばかま

く…葛

は…萩

どれと秋晴れに生える美しい花ですね。

我が家では毎年萩が綺麗に咲いてくれて、秋の深まりを教えてくれます。

お月様から見て右手には、月見団子や農産物などの、人が作ったものを据えます。

十五夜は15個、十三夜は13個の月見団子を飾るのが一般的とされています。

「三方」と呼ばれる台を用いますが、神事の場合は白木のものを用います。

三方には穴が3つ空いていますが、穴がない方をお月様へ向けます。

十五夜では、下段に9個、中段に4個、上段に2個積みますが、上段の2個は左右ではなく奥と手前に並べるのが神事の習わしです。(仏事は左右に置くそうです)

お供えした後に食べることで、そのパワーを体に取り込むことがでできるとされていますので、きれいな月を愛でながら、美味しくいただきましょう。

秋も深まり、二十四節気では白露。

次は秋分を迎えます。

美しいこの国に伝わってきた習わしも大事にしながら、秋を楽しみましょうねー!