二十四節気・七十二候とはなんぞや

暑さ真っ盛りの頃、ニュースで「暦の上では秋」と言われ、いやいやそう言われましても!!と思ったことがありませんか?

カレンダーの隅にひっそりと書かれた「立春、夏至」などの文字。

何気なく見過ごしてしまいがちですが、これらが実は、季節を表す大切なキーワード。

意識していなくても実は、年中行事や時候の挨拶として、ひっそりとしっかりと根付いている文化なのです。

『二十四の季節』

昔から人々は、太陽や月の動きを手掛かりに、季節や月日を知ろうとしてきました。

地球が太陽の周りを一周する時間を「一年」としたのが、『太陽暦』。

夜空に月が見えなくなる新月から、次の新月までを「一ヶ月」としたのが、『太陰暦』。

いわゆる旧暦というのは、太陰暦と太陽暦を組み合わせて作った太陰太陽暦で、明治の初めまで親しまれていました。

二十四節気は、太陽暦の一年を24等分したもので、より細やかに季節の変化を表現しています。

しかしもともと中国の内陸部由来のもの。日本の気候とはちょっと違っていました。

そこで、雑節(八十八夜、土用など)を付け足すなどして、より暮らしに馴染む形へと作り変えられてきました。

『七十二の風景詩』

二十四節気をそれぞれ三等分したものが、七十二候です。まるで詩のような言葉で、季節の事柄や生き物たちの様子が描かれています。

例えば夏の始まり「立夏」だと

初候    蛙始めて鳴く

次候    蚯蚓(みみず)出ずる

末候    竹笋(たけのこ)生ず

 

今の暦では、おおよそ五月に当たりますが、エネルギーに満ち溢れた初夏の景色が眼に浮かぶようです。

季節の移ろいを綴った美しい日本語は、暮らしに彩りを与えてくれます。

忙しい生活の中で、ちょこっと歩みを緩め、季節の変化に耳をすます。

そんな風に、生活をちょこっと豊かにしてくれるヒントが隠されていると思います。

絵本をめくるように、季節を丁寧に感じることができると素敵ですね。

梛木